Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース

OpenSSLの開発チームは、2件の脆弱性を解消したアップデート「OpenSSL 1.0.2n」をリリースした。

今回のアップデートでは、特定条件下でエラーステートが正しく動作しない重要度「中(Moderate)」の脆弱性「CVE-2017-3737」を修正。

またオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2017-3738」についてもあわせて対処した。過去に対応した「CVE-2017-3736」「CVE-2017-3732」「CVE-2015-3193」と類似するが異なる脆弱性だという。重要度は「低(Low)」にレーティングされている。

「同1.1.0系」に関して、今回明らかになった「CVE-2017-3737」は影響ないとしている。一方「CVE-2017-3738」は影響を受けるが、影響が小さいことから今回はアップデートを提供しておらず、次期バージョンとなる「OpenSSL 1.1.0h」で修正する予定。またOpenSSLのgitリポジトリでは修正を提供している。

(Security NEXT - 2017/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ