Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、シンポジウム「Network Security Forum 2018」を1月24日に都内で開催する。

同イベントでは、情報セキュリティをテーマにした講演やパネルディスカッションを開催。総務省審議官の谷脇康彦氏による基調講演のほか、WHITE MOTION代表である蔵本雄一氏による自動車のIoTに関する対談を予定している。

午後からは2つのトラックに分かれ、JNSAの活動成果に関連した講演や、パネルディスカッション「2018年の脅威予測」などを行う。

会場は千代田区のベルサール神保町。定員はトラック1が180人で、トラック2が140人となっている。参加費は無料だが、事前登録が必要。詳細はイベント案内ページから。

(Security NEXT - 2017/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
重要インフラのセキュリティ確保に向けたシンポジウム
【特別企画】「大学生」と「社会人」が本音でトーク! ネット利用のギャップとセキュリティ
【特別企画】デジタルネイティブの新社会人、企業はいかに向きあうべきか
【特別企画】「セキュリティ赤ちゃん国」の日本、人材育成と意識改革がカギ
【特別企画】スマホの先にあるIoTやAI時代のセキュリティ - 都内でシンポジウム
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
入試問題案や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪教育大
JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも
JNSA、「日韓情報セキュリティシンポジウム」を都内で開催