Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン

ビジネスホテルを展開する京急イーエックスインは、宿泊予約者の個人情報を含む業務連絡のメールを誤って顧客へ送信するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、11月30日11時半過ぎ、京急EXイン蒲田が本部宛てに送信した業務連絡メールにおいて、誤送信が発生したもの。受信した顧客からの連絡で問題が判明した。

送信したメールには、旅行代理店6社から送信された宿泊予約確認書を誤って添付。宿泊予約者44人分の氏名や電話番号、人数、到着日と出発日、宿泊日数、料金などが含まれていた。

同社では、誤送信先に連絡してメールの削除を依頼。対象となった顧客には、電話による謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
委託先予約システムに不正アクセス、顧客情報12万件が流出 - プリンスホテル