Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート

脆弱性「CVE-2017-11882」が見つかった問題で、マイクロソフトでは、10月にサポートが終了した「Office 2007」に対しても、脆弱性を解消するアップデートを提供している。

マイクロソフトでは、「Office 2007」のサポートを10月10日に終了。以降はセキュリティ更新プログラムの提供が行わなくなるとして、後継バージョンに移行するよう注意喚起を行っていたが、11月の月例セキュリティ更新で「CVE-2017-11882」を修正する「KB4011276」をリリース。さらに同月28日にも包括的な修正として「KB4011604」を公開している。

「CVE-2017-11882」はサポート終了以前に報告され、7月にCVE番号が採番されている。月例更新の公開当時、深刻度は「重要」、悪用可能性指標も「悪用される可能性は低い」とさほど高く設定されておらず、緊急の例外対応といった色合いもないまま、さりげなくアップデートがリリースされていた。

しかしその後、同脆弱性を取り巻く環境は大きく変化。同アップデートの存在意義は格段に高まっている。脆弱性を悪用する実証コードが公開されているほか、すでに脆弱性を悪用するマルウェアも確認されている

(Security NEXT - 2017/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で