Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散

11月に公開されたマイクロソフトの月例セキュリティ更新により修正された「Office」の脆弱性が、すでにマルウェアを感染させる攻撃に悪用されていることがわかった。

問題の脆弱性は、「Office」の数式エディタに存在する「CVE-2017-11882」。同脆弱性を悪用する「RTFファイル」を添付したメールが確認された。

攻撃を報告したFortinetによれば、今回の攻撃では最終的にペネトレーションツール「Cobalt Strike」のコンポーネントをインストールさせようとしていたもの。

同脆弱性は、マイクロソフトによって11月の月例パッチにより修正された。脆弱性が公開された時点で悪用は確認されていなかったが、その後実証コードが公開され、容易に悪用でき、与える影響も小さくないとして注意喚起も行われている

(Security NEXT - 2017/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCry」ではない「Eternalblue」「Doublepulsar」攻撃が増加 - 「MS17-010」適用の再確認を
個人情報盗むChrome拡張機能、公式ストアに89件 - 削除妨害機能も
Flashゼロデイ攻撃、北朝鮮攻撃グループ「TEMP.Reaper」が関与 - FireEye分析
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か
ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
北朝鮮グループ由来の新種トロイの木馬「BANKSHOT」が判明 - 米政府が注意喚起
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
脆弱ルータを狙うアクセス、11月20日ごろより観測数増加 - 警察庁