Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散

11月に公開されたマイクロソフトの月例セキュリティ更新により修正された「Office」の脆弱性が、すでにマルウェアを感染させる攻撃に悪用されていることがわかった。

問題の脆弱性は、「Office」の数式エディタに存在する「CVE-2017-11882」。同脆弱性を悪用する「RTFファイル」を添付したメールが確認された。

攻撃を報告したFortinetによれば、今回の攻撃では最終的にペネトレーションツール「Cobalt Strike」のコンポーネントをインストールさせようとしていたもの。

同脆弱性は、マイクロソフトによって11月の月例パッチにより修正された。脆弱性が公開された時点で悪用は確認されていなかったが、その後実証コードが公開され、容易に悪用でき、与える影響も小さくないとして注意喚起も行われている

(Security NEXT - 2017/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房