Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず

2017年第3四半期は、前四半期から引き続き、「TCP 445番ポート」へのパケットが観測された。ランサムウェア「WannaCrypt」の探索行為に起因するケースもあり、知らぬ間に同マルウェアの亜種へ感染していた事例もあったとして注意を呼びかけている。

20171130_jc_001.jpg
TCP 22番ポートで受信したパケット数(グラフ:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターが、センサーにより観測したパケットの状況を取りまとめたもの。

同センターによれば、2017年第3四半期は前四半期と変わらず、「telnet」で利用する「TCP 23番ポート」に対するパケットが最多だった。

次いで多かったのは、「Windows SQLServer」で使われる「TCP 1433番ポート」。さらにSSHで使用する「TCP 22番ポート」、「Windows」のファイル共有プロトコル「SMB」で使われる「TCP 445番ポート」と続く。1位から4位までは前四半期から変化は見られなかった。

「22番ポート」に対するパケットの多くは、国内の一部携帯電話事業者やMVNOのネットワークが発信元で、これらはNTTドコモが提供するWi-Fiルータ「Wi-Fi STATION L-02F」が原因だった。

(Security NEXT - 2017/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査