Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか

2017年第3四半期に、国内において仮想通貨の採掘を行ういわゆる「コインマイナー」の検出台数が急増していることがわかった。ウェブ経由の感染活動でも、「不正送金マルウェア」や「ランサムウェア」から「コインマイナー」へシフトする動きが加速しているという。

20171201_tm_001.jpg
国内におけるコインマイナーの検出台数推移(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロによれば、国内における同社製品の利用者において同四半期に「コインマイナー」が検出された端末は8460件。

前四半期の1200件から約7倍へと膨れあがった。

同社は、検出されたプログラムが一概に不正な目的でインストールされたものとは限らないとしつつも、一方でマルウェアを拡散する脆弱性攻撃サイトの傾向に変化が見られる点を指摘。

従来は、「ランサムウェア」や「不正送金マルウェア」の感染を狙った攻撃が中心だったが、これらが「コインマイナー」をダウンロードさせる動きにシフトしているという。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増