Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか

2017年第3四半期に、国内において仮想通貨の採掘を行ういわゆる「コインマイナー」の検出台数が急増していることがわかった。ウェブ経由の感染活動でも、「不正送金マルウェア」や「ランサムウェア」から「コインマイナー」へシフトする動きが加速しているという。

20171201_tm_001.jpg
国内におけるコインマイナーの検出台数推移(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロによれば、国内における同社製品の利用者において同四半期に「コインマイナー」が検出された端末は8460件。

前四半期の1200件から約7倍へと膨れあがった。

同社は、検出されたプログラムが一概に不正な目的でインストールされたものとは限らないとしつつも、一方でマルウェアを拡散する脆弱性攻撃サイトの傾向に変化が見られる点を指摘。

従来は、「ランサムウェア」や「不正送金マルウェア」の感染を狙った攻撃が中心だったが、これらが「コインマイナー」をダウンロードさせる動きにシフトしているという。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報盗むChrome拡張機能、公式ストアに89件 - 削除妨害機能も
コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出
仮想通貨関連の広告審査サービス - イー・ガーディアン
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
「Coincheck」で約580億円分の仮想通貨が不正送金 - 自己資金で補償する方針
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も