Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか

2017年第3四半期に、国内において仮想通貨の採掘を行ういわゆる「コインマイナー」の検出台数が急増していることがわかった。ウェブ経由の感染活動でも、「不正送金マルウェア」や「ランサムウェア」から「コインマイナー」へシフトする動きが加速しているという。

20171201_tm_001.jpg
国内におけるコインマイナーの検出台数推移(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロによれば、国内における同社製品の利用者において同四半期に「コインマイナー」が検出された端末は8460件。

前四半期の1200件から約7倍へと膨れあがった。

同社は、検出されたプログラムが一概に不正な目的でインストールされたものとは限らないとしつつも、一方でマルウェアを拡散する脆弱性攻撃サイトの傾向に変化が見られる点を指摘。

従来は、「ランサムウェア」や「不正送金マルウェア」の感染を狙った攻撃が中心だったが、これらが「コインマイナー」をダウンロードさせる動きにシフトしているという。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
フィッシング報告、17カ月ぶりに1000件を突破 - URLも大幅増