Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応

エムオーテックスは、IT資産管理ツールの新版「LanScope Cat Ver.9.0」を12月13日より提供開始する。

新版では、外部脅威対策として操作ログの管理機能を搭載。調査対象端末の操作をリアルタイムに把握でき、データ送信を行うプロセスの情報をSyslog形式のログとして取得することが可能。通信元や通信先のIPアドレス、ポート、ファイルのハッシュ値などを参照できる。

また内部不正対策として、複数の行動を組みあわせてアラーム判定を行う「カスタムアラーム機能」を追加。さらにオプションとして、印刷したファイルの内容をそのままイメージとして保存して、管理者が閲覧できるプリントイメージ機能を実装。保存した印刷ファイルに対して文字列での検索が行える。

(Security NEXT - 2017/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー