Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も

富士通研究所は、異なる仮想通貨のブロックチェーン間をあらたなブロックチェーンで接続し、取引の透明性を確保できる新技術「コネクションチェーン」を開発した。仮想通貨以外の分野も含め、2018年度以降の実用化を目指している。

同技術は、複数のブロックチェーンを横断する取り引きにおいて、従来課題とされてきた通貨の交換処理を行うアプリケーションの透明性確保を目的に開発したもの。

具体的には、複数のブロックチェーン同士を接続する「コネクションチェーン」を構築。各ブロックチェーンにおける一連の通貨交換に関わる取引処理を紐付けることで、全体をひとつの取引として業務手続や契約処理を自動化するスマートコントラクトを適用可能となったという。

アプリケーションではなく、ブロックチェーンを用いて紐付けや業務処理を行うことで、透明性が確保されるとしている。

(Security NEXT - 2017/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎