Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども

三井住友銀行やみずほ銀行の利用者にマルウェアを感染させようとする攻撃が発生している。

三井住友銀行やみずほ銀行など、金融機関をかたり、マルウェアへ感染させようとするメールを確認したとして、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意喚起を行っている。

三井住友銀行を装ったケースでは、法人向けサービスの利用者をターゲットとする一方、みずほ銀行のケースは個人のカードローン利用者を狙っていた。

具体的なマルウェアメールの内容を見ると、三井住友銀行を装ったケースでは、法人向けインターネットバンキングサービスの利用者向けの文面を使用。「ワンタイムパスワード必須化」の案内を偽装し、詳細の確認などと称して、zipファイルをダウンロードさせようとしていた。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
北朝鮮関与の攻撃グループ、仮想通貨関連企業へ標的型攻撃