Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化

産業技術総合研究所(産総研)が提案していた「AISTパスワード認証方式」および「AIST匿名パスワード認証方式」が、国際標準規格として発行された。

20171113_ai_001.jpg
AISTパスワード認証方式(図:産総研)

同研究所が提案した「AISTパスワード認証方式(AugPAKE)」は、インターネットなどの公衆回線上のユーザーとサーバやIoT機器間で利用できる認証技術。

今回、国際標準規格の「ISO/IEC 11770-4:2017」で標準技術のひとつとなり、「AKAM3(Augmented Key Agreement Mechanism 3)と命名、規格化された。公開鍵証明書を用意することなく、パスワードのような短い秘密情報のみで同レベルの安全性を確保した相互認証が可能だという。

従来のパスワード認証方式と同様に、メールや電子商取引、オンラインバンキングなどのサービスに活用できるほか、公開鍵証明書の検証処理が不要となり、検証処理の負荷を削減できるため、処理能力の低いIoT機器でも利用できるとしている。

またユーザーを特定することなく特定集団に属すことを確認できる「AIST匿名パスワード認証方式」についても、「ISO/IEC 20009-4:2017」で標準化された。個人の認証を行うことなく、属性認証を行えることから、匿名アンケートのほか、内部告発や匿名カウンセリングなどへ応用できるとしている。

(Security NEXT - 2017/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
マザーボード管理チップに脆弱性「USBAnywhere」が判明 - 影響機器がネット上に5万台弱
「Cisco IOS XE」のREST APIに深刻な脆弱性 - 特権操作のおそれ
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
小規模向けCisco製スイッチの脆弱性、エクスプロイトコードが公開
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習