Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLにセキュリティアップデート - 脆弱性2件を修正

20171106_os_001.jpg

OpenSSLの開発チームは、セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0g」「同1.0.2m」をリリースした。2件の脆弱性へ対処したという。

「x86_64」環境において「bn_sqrx8x_internal」にキャリープロパゲーションを誤って処理する脆弱性「CVE-2017-3736」が存在することが明らかになったという。

過去に修正された「CVE-2017-3732」「CVE-2015-3193」と類似した脆弱性で、重要度は4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」。楕円曲線暗号アルゴリズムは影響を受けない。

開発チームの分析では、「RSA」や「DSA」に対する攻撃は困難。「DH」については、プライベート鍵に対する分析をオフラインで行えるため、可能性は否定できないものの、同じく悪用は非常に難しいという。

複数のクライアントで設定やプライベートキーを共有しているなど一定の条件が揃う必要があり、膨大なリソースを必要とすることから、誰でも攻撃が行える脆弱性ではないとしている。

(Security NEXT - 2017/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消