Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験

インターネットイニシアティブは、SDNやNFV技術を活用したネットワークセキュリティの実証実験を開始した。

同実証実験は、社内LANから外部クラウドまで含む企業ネットワークにおいて、SDNやNFV技術を活用してセキュリティ脅威を早期に検知し、動的に隔離することで、社内ネットワークへの拡散を防止するもの。

ユーザーやデバイス単位でセキュリティセグメントを論理的に設定する技術を用い、各セグメントのセキュリティポリシーにあわせてネットワーク全体のセキュリティ監視と制御を動的に行うもの。トレンドマイクロのNFV向けネットワークセキュリティ技術を活用して検証を行っている。

従来よりセキュリティの監視レベルをクラウド上で動的に変更し、不正通信を制御する技術の検証を実施してきたが、今回の実証実験では、検証範囲を社内ネットワークやデバイスまで拡大し、動作連携を確認する。

同社では実証実験を経て、今後2018年度下期を目処にネットワークサービスのソリューションとして提供する予定だという。

(Security NEXT - 2017/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」