Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験

インターネットイニシアティブは、SDNやNFV技術を活用したネットワークセキュリティの実証実験を開始した。

同実証実験は、社内LANから外部クラウドまで含む企業ネットワークにおいて、SDNやNFV技術を活用してセキュリティ脅威を早期に検知し、動的に隔離することで、社内ネットワークへの拡散を防止するもの。

ユーザーやデバイス単位でセキュリティセグメントを論理的に設定する技術を用い、各セグメントのセキュリティポリシーにあわせてネットワーク全体のセキュリティ監視と制御を動的に行うもの。トレンドマイクロのNFV向けネットワークセキュリティ技術を活用して検証を行っている。

従来よりセキュリティの監視レベルをクラウド上で動的に変更し、不正通信を制御する技術の検証を実施してきたが、今回の実証実験では、検証範囲を社内ネットワークやデバイスまで拡大し、動作連携を確認する。

同社では実証実験を経て、今後2018年度下期を目処にネットワークサービスのソリューションとして提供する予定だという。

(Security NEXT - 2017/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始