Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生

フィッシング対策協議会は、LINEの利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20171030_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

同協議会によれば、問題のフィッシング攻撃は、パスワードの設定に問題があるかのように装って不安を煽り、誘導した偽サイトからメールアドレスやパスワードを詐取する手口。

フィッシングメールの本文は、「パスワードが簡単しすぎて安全問題がらございます」「すぐにパスワードを改正して、アカウントをログインするための二級必要パスワードとして、個人の生年月日を設置してください」など、不自然な日本語が目立つ。

また誘導先のフィッシングサイトは、メールアドレスとパスワードを入力するためのフォームが表示されるだけで、デザインを盗用して正規サイトとの見分けが難しい昨今の攻撃と比較すると雑な作りだった。

フィッシング対策協議会では、10月30日の時点で同フィッシングサイトの稼働を確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。LINEを装うフィッシング攻撃はたびたび発生しており、類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意