Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加

キヤノンITソリューションズは、ウェブフィルタリングソフトの新版「GUARDIANWALL WebFilter Ver1.1」を、10月30日より提供開始する。

同製品は、ウェブサイトへのアクセスを制御するフィルタリングソリューション。新版では、外部攻撃対策機能を強化した。

あらたなURLフィルタリングデータベースを採用したほか、マルウェアへ感染した端末が外部ウェブサイトと通信する際に生じる特有の通信を検知し、遮断する機能を追加。遮断した不正通信のURLやユーザーエージェントなどを学習し、類似する通信を遮断する機能を用意した。

さらに、通信ログの管理機能を強化。不審な通信について確認できるようになったという。Linux版を25ユーザーで利用した場合の初年度ライセンス価格は16万2000円。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
ハンモック、「AssetView」に新版 - PCの脆弱性対策機能など追加