Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加

キヤノンITソリューションズは、ウェブフィルタリングソフトの新版「GUARDIANWALL WebFilter Ver1.1」を、10月30日より提供開始する。

同製品は、ウェブサイトへのアクセスを制御するフィルタリングソリューション。新版では、外部攻撃対策機能を強化した。

あらたなURLフィルタリングデータベースを採用したほか、マルウェアへ感染した端末が外部ウェブサイトと通信する際に生じる特有の通信を検知し、遮断する機能を追加。遮断した不正通信のURLやユーザーエージェントなどを学習し、類似する通信を遮断する機能を用意した。

さらに、通信ログの管理機能を強化。不審な通信について確認できるようになったという。Linux版を25ユーザーで利用した場合の初年度ライセンス価格は16万2000円。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー