Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加

キヤノンITソリューションズは、ウェブフィルタリングソフトの新版「GUARDIANWALL WebFilter Ver1.1」を、10月30日より提供開始する。

同製品は、ウェブサイトへのアクセスを制御するフィルタリングソリューション。新版では、外部攻撃対策機能を強化した。

あらたなURLフィルタリングデータベースを採用したほか、マルウェアへ感染した端末が外部ウェブサイトと通信する際に生じる特有の通信を検知し、遮断する機能を追加。遮断した不正通信のURLやユーザーエージェントなどを学習し、類似する通信を遮断する機能を用意した。

さらに、通信ログの管理機能を強化。不審な通信について確認できるようになったという。Linux版を25ユーザーで利用した場合の初年度ライセンス価格は16万2000円。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム