Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン

セキュアブレインは、Windowsアプリケーションにランサムウェアの対策機能を追加できるソフトウェア開発キット(SDK)を提供開始した。

「セキュアブレイン アンチランサムウェアSDK for Windows」は、自社開発のWindowsアプリケーションに、ランサムウェア対策機能を実装できる開発キット。

保護対象に指定したファイルをランサムウェアが開こうとした際に、アクセスをブロックする機能を組み込むことが可能。またアクセスを検知するとブロックし、コールバック関数へログ情報を渡すことができる。

保護対象とするファイルは拡張子やフォルダパスで指定。ファイルアクセスの制限を除外する「ホワイトリスト登録機能」も用意されている。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
ランサムウェア「EncrypTile」の復号化ツールが公開
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開
ランサムウェア「AES_NI」「BTCWare」被害者向けに復号化ツール
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」