Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府

大阪府は、府内の特殊詐欺被害者の個人情報を、担当者が誤ってウェブサイト上で公開していたことを明らかにした。

同府によれば、9月28日18時から10月4日17時半過ぎにかけて、個人情報が記載された表計算ファイルを、府のウェブサイトに公開していたもの。

問題のファイルには、2010年10月から2011年11月の間に府内で発生した特殊詐欺の被害者329人の氏名、年齢、性別、職業、犯行状況に関する情報などが記載されていた。

同府では注意喚起を目的に、大阪府警から提供された特殊詐欺の被害状況データをウェブサイトで公開しているが、公開時に十分確認しておらず、被害者の個人情報含むファイルも誤って一緒に公開してしまったという。

10月4日、外部からの指摘により問題へ気が付き、ファイルを削除した。誤掲載された情報の不正利用に関する報告は確認されていない。同府と府警では、対象となる被害者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
モニター募集フォームで個人情報表示される設定ミス - 神奈川芸術劇場
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業