Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード

DJIは、セキュリティ対策の強化を目的として、ドーロン操縦アプリ「DJI PILOT」にインターネットへの接続なしにドローンの飛行が可能となる「ローカルデータモード」を追加する。

ドローンとのデータ送受信にインターネットを介さない同モードを追加したもの。アプリの次回アップデートから、同社のドローン専用モニター「CrystalSky」と一部のAndroidタブレットで利用可能になるとしている。

同モードの追加は、重要なインフラ点検や政府機関のプロジェクトなど、機密性の高い業務でドローンを使用する上で、空撮した写真や動画、フライトログなどのデータを保護するための措置だという。

同モードの使用中は、機体に高度や距離、 速度といった飛行ログデータを保存する。

(Security NEXT - 2017/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
セコムとKDDI、次世代通信「5G」で実証実験 - IoT時代視野に
ローン申込者の審査情報を誤って同意なく保証会社へ送信 - イオン銀
ドローン活用による精密農業の実証研究成果発表会 - 道内で開催
日本IBM、クレカ会社とFinTechの連携を支援するAPI
旧奈良銀で扱った約300件の帳票が所在不明 - りそな銀
NICTら、ドローンによる自動配送実験に成功 - 乗っ取りや盗聴を防御
飛来音で300メートル先のドローンを検知するシステム