Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード

一方、ユーザーの位置情報の検知のほか、飛行禁止エリアや一時的な飛行制限のある地位などのジオフェンシング情報や地図情報の表示ができなくなるほか、ファームウェア更新の通知も行われない。

インターネットから隔離できる一方、インターネット接続を前提とした機能全般が使用できないことから、通常以上に慎重な操縦が求められるとしている。

(Security NEXT - 2017/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
ドローン向けにサイバーセキュリティガイドライン - 経産省
個人情報などウェブ入力内容を委託先に外部送信 - 新生銀
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
「ドローンセキュリティガイド第2版」を公開 - セキュアドローン協議会
外部クラウド利用したカードローン申込窓口に設定不備 - 三井住友信託銀
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも