Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織内部で隠密活動するマルウェアを検知するAI技術 - 富士通研

富士通研究所は、同社のAI技術「Deep Tensor」をもとに、組織内ネットワークに侵入したマルウェアの特徴を捉えて検知する技術を開発した。

同技術は、ネットワーク内部へ侵入後、業務で用いるネットワーク通信やコマンド操作を悪用するマルウェアに対し、検知精度を向上させることを目指して開発したもの。

人やモノのつながりを表現できるグラフ構造のデータを学習して分類する機械学習技術「Deep Tensor」を利用。時系列のログデータに含まれる特徴と、その特徴間の関係を学習する技術を開発した。

組織内に侵入したマルウェアの行動の種類や数、その間隔や順番などの関係性を学習することで、マルウェアの特徴を捉えることが可能だとしている。

2017年度中にサイバーセキュリティ以外の分野へ応用するほか、同技術を応用したマルウェア侵入検知技術については、2018年度に社内での実証を進める計画。

(Security NEXT - 2017/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
富士通、米国土安全保障省の脅威情報共有「AIS」と連携
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
IBM、インシデント対応に向けた事前事後対策サービスを拡充