Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部

イオングループでスーパーマーケットチェーンを展開するマックスバリュ中部は、薬局で調剤を受け付けた顧客の処方箋が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、マックスバリュグランド千種若宮大通店の薬局において、2017年6月1月から同月30日の間に調剤を受け付けた顧客の処方箋327件が所在不明になっているもの。顧客の氏名や性別、生年月日、保険証番号、受診した医療機関名、処方された薬などが記載されていた。

同薬局では、処方箋を法令に従って3年間保存しているが、事務作業中に紛失が発覚した。同社では、誤って廃棄した可能性が高いと説明。対象となる顧客には、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
特定地区の粗大ごみ収集受付票のみが所在不明に - 大阪市
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
農産物栽培協力者の個人情報含む名簿を紛失 - 東京都
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁
消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市