Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部

イオングループでスーパーマーケットチェーンを展開するマックスバリュ中部は、薬局で調剤を受け付けた顧客の処方箋が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、マックスバリュグランド千種若宮大通店の薬局において、2017年6月1月から同月30日の間に調剤を受け付けた顧客の処方箋327件が所在不明になっているもの。顧客の氏名や性別、生年月日、保険証番号、受診した医療機関名、処方された薬などが記載されていた。

同薬局では、処方箋を法令に従って3年間保存しているが、事務作業中に紛失が発覚した。同社では、誤って廃棄した可能性が高いと説明。対象となる顧客には、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院