Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部

イオングループでスーパーマーケットチェーンを展開するマックスバリュ中部は、薬局で調剤を受け付けた顧客の処方箋が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、マックスバリュグランド千種若宮大通店の薬局において、2017年6月1月から同月30日の間に調剤を受け付けた顧客の処方箋327件が所在不明になっているもの。顧客の氏名や性別、生年月日、保険証番号、受診した医療機関名、処方された薬などが記載されていた。

同薬局では、処方箋を法令に従って3年間保存しているが、事務作業中に紛失が発覚した。同社では、誤って廃棄した可能性が高いと説明。対象となる顧客には、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市