Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社

ガス設備工事などを手がけるキャプティは、再委託先の従業員が飲酒後に駅で眠っている間に、顧客情報含む業務用パソコンを鞄ごと盗まれたことを明らかにした。

同社によれば、工事管理システムの回収やメンテナンスを委託しているNTTコムウェアの再委託先事業者において、業務用パソコンの盗難が発生したという。

被害に遭ったパソコンには、顧客名や工事請負金額、工事完成年月、労働保険期間など1万2439件の顧客情報と、取引先担当者名84件が保存されていた。

顧客情報のうち855件は住所が含まれ、振込先の口座番号1件が含まれているという。パソコンの起動にはパスワードが必要で、顧客情報ファイルにもパスワードが講じられているとしている。

委託先従業員は7月10日夜、飲酒後にJR南浦和駅のロータリー内で鞄を隣に置いて眠ってしまい、翌11日2時ごろ目を覚ましたところ、鞄が紛失していることに気付いた。

警察へ盗難届を提出したが、パソコンは見つかっていない。同社では、対象となる顧客に個別に説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院