Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる

ノンカフェインティーなどの販売を手がけるH&F BELXのオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が、外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するH&F BELX NETによれば、外部より不正アクセスを受けてサイトが改ざんされ、顧客の個人情報を窃取された可能性があることが判明したという。

同サイトにおいて、3月1日から4月14日にかけてクレジットカードで決済した顧客の個人情報、最大1207件が外部へ流出したおそれがある。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードのほか、住所など含まれる。クレジットカード以外で決済した顧客や、オンラインモールの利用者への影響は否定した。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
歯科書籍の通販サイトに不正アクセス - 関連ポータルも影響か
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
脆弱性判明後、「Drupal」調査アクセスが増加 - 攻撃対象を探索か