Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる

ノンカフェインティーなどの販売を手がけるH&F BELXのオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が、外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するH&F BELX NETによれば、外部より不正アクセスを受けてサイトが改ざんされ、顧客の個人情報を窃取された可能性があることが判明したという。

同サイトにおいて、3月1日から4月14日にかけてクレジットカードで決済した顧客の個人情報、最大1207件が外部へ流出したおそれがある。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードのほか、住所など含まれる。クレジットカード以外で決済した顧客や、オンラインモールの利用者への影響は否定した。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品