Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる

ノンカフェインティーなどの販売を手がけるH&F BELXのオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が、外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するH&F BELX NETによれば、外部より不正アクセスを受けてサイトが改ざんされ、顧客の個人情報を窃取された可能性があることが判明したという。

同サイトにおいて、3月1日から4月14日にかけてクレジットカードで決済した顧客の個人情報、最大1207件が外部へ流出したおそれがある。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードのほか、住所など含まれる。クレジットカード以外で決済した顧客や、オンラインモールの利用者への影響は否定した。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX
都、不正アクセス被害の宅建事業者検索サイトを再開 - 5カ月半ぶり