Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う

同グループにおける最近の攻撃は、エネルギー施設の運用状況を掌握し、稼働している制御システムへのアクセスを狙ったもので、現在判明しているだけでも、米国、トルコ、スイスなどの組織へ攻撃を展開していた。

侵入の手口は、従来と同様で、メールやウェブ、ソフトウェア経由が確認されている。メールでは、「パーティーの招待状」を装うケースや、業界の具体的な内容へ言及したメールによる標的型攻撃も確認された。

さらにネットワークにおけるアカウント情報を把握するため、業界関係者が利用するサイトで水飲み場型攻撃を展開。実際に奪われた情報を利用して外部からアクセスを受け、バックドアをインストールされたケースもある。

また感染活動として、Windowsの標準アプリケーションにトロイの木馬を仕込む手口が確認されたほか、「Adobe Flash Player」のアップデートを偽装することもあった。

(Security NEXT - 2017/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
Wind Riverが提供するRTOSに複数の脆弱性
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加