Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始

ラックは、中規模程度のウェブサイト向けに脆弱性攻撃やDDoS攻撃の影響を低減するソリューション「LAC Kai」を、9月1日より販売開始する。

「LAC Kai」は、クラウド型WAFサービスに同社セキュリティ監視センターによるマネージドセキュリティサービスを組み合わせたソリューション。単一のWAF運用ルールで管理できる中規模サイト向けに開発した。

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)など、アカマイ・テクノロジーズの主要なセキュリティプラットフォームを活用。WAFによる保護にくわえ、DDoS攻撃の影響を低減できる。

同社では、今後1年間に、50社の導入を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2017/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ
NTTコム、クラウドのシステム構築行うSIer向けにセキュリティサービス
DSR、クラウドWAFと脆弱性診断の連携サービスを開始
ソフォス、エンドポイントの状況から通信を自動遮断するUTM