Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI

インテリジェントウェイブ(IWI)は、イベント情報を一元管理し、脅威に応じてあらかじめ設定したワークフローを実行する米Ayehu製ソリューション「eyeShare」の国内販売を、9月1日より開始する。

同製品は、ソフトウェアやアプリケーションが出力するイベント情報を一元的に管理し、脅威情報や重要度などを把握できるソリューション。

マルウェア感染、 不正アクセスなどインシデントごとにワークフローのテンプレートを用意。トリガーを受けて、あらかじめ指定したワークフローを実行することが可能。140種類以上のテンプレートを利用できるほか、カスタマイズにも対応している。

価格は、ワークフローを25個まで登録できるエッセンシャルパッケージの最小構成で、年間432万円から。同社では、初年度の売り上げ1億円、10社への販売を目指している。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ