Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI

インテリジェントウェイブ(IWI)は、イベント情報を一元管理し、脅威に応じてあらかじめ設定したワークフローを実行する米Ayehu製ソリューション「eyeShare」の国内販売を、9月1日より開始する。

同製品は、ソフトウェアやアプリケーションが出力するイベント情報を一元的に管理し、脅威情報や重要度などを把握できるソリューション。

マルウェア感染、 不正アクセスなどインシデントごとにワークフローのテンプレートを用意。トリガーを受けて、あらかじめ指定したワークフローを実行することが可能。140種類以上のテンプレートを利用できるほか、カスタマイズにも対応している。

価格は、ワークフローを25個まで登録できるエッセンシャルパッケージの最小構成で、年間432万円から。同社では、初年度の売り上げ1億円、10社への販売を目指している。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技