Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に

スマートフォンのリソースを消費し、パフォーマンスを低下させるアプリは何か。Avastがレポートを発表した。Google製アプリが上位を連ねている。

同レポートは、バッテリー寿命、ストレージ容量、データ通信量への影響を総合的に判断し、多くのリソースを消費するアプリをランキング形式で取りまとめたもの。世界のAndroidユーザー300万人以上の匿名データのサンプルに基づいて作成したという。

2017年第1四半期において、起動時に実行され、パフォーマンスを低下させるアプリのランキングを見ると、ワーストとなったのが「AllShare」。「ChatON」「Push Service」が続いたが、いずれもSamsung製のアプリだった。

また多数のサードパーティ製アプリ上でトグルする「Google TalkBack(4位)」、広告ブロッカーに起因する「Google Play ミュージック(5位)」をはじめ、上位10種中、6種がGoogle製アプリだという。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁