Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に

スマートフォンのリソースを消費し、パフォーマンスを低下させるアプリは何か。Avastがレポートを発表した。Google製アプリが上位を連ねている。

同レポートは、バッテリー寿命、ストレージ容量、データ通信量への影響を総合的に判断し、多くのリソースを消費するアプリをランキング形式で取りまとめたもの。世界のAndroidユーザー300万人以上の匿名データのサンプルに基づいて作成したという。

2017年第1四半期において、起動時に実行され、パフォーマンスを低下させるアプリのランキングを見ると、ワーストとなったのが「AllShare」。「ChatON」「Push Service」が続いたが、いずれもSamsung製のアプリだった。

また多数のサードパーティ製アプリ上でトグルする「Google TalkBack(4位)」、広告ブロッカーに起因する「Google Play ミュージック(5位)」をはじめ、上位10種中、6種がGoogle製アプリだという。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多