Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に

ユーザーが実行した際にパフォーマンスを低下させたアプリを見ると、Samsung製アプリが3種、Google製アプリが2種と上位に入った。

1位はSamsungの「WatchON」、2位はグルーグルの「Googleドキュメント」、3位はSamsungの「Media Hub」。また「LINE」が9位に入っている。

一方、過去に上位へ入っていたアプリ「Snapchat」「Facebook」「Spotify」などは、今回の調査で改善が見られたという。

Avastがまとめたランキングは以下のとおり。

起動時に実行され、パフォーマンスをもっとも低下させるアプリ

1位:AllShare(Samsung)
2位:ChatON(Samsung)
3位:Push Service(Samsung)
4位:TalkBack(Google)
5位:Play ミュージック(Google)
6位:Google Maps(Google)
7位:Play Newsstand(Google)
8位:Google+(Google)
9位:ChatON(Samsung)
10位:ハングアウト(Google)

ユーザーが実行している、パフォーマンスをもっとも低下させるアプリ

1位:WatchON(Samsung)
2位:Google ドキュメント(Google)
3位:Media Hub(Samsung)
4位:SHAREit(SHAREit)
5位:Video Editor(Samsung)
6位:Flipboard(Flipboard)
7位:テキスト読み上げ(Google)
8位:Clean Master(Cheetah Mobile)
9位:LINE(LINE)
10位:Adobe Acrobat Reader(Adobe)

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開