Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OWASP、開発段階のセキュリティ実装を支援するトレーニングイベント

The OWASP Foundationは、アプリケーションのセキュア開発トレーニングイベント「2017 OWASP World Tour Tokyo」を9月30日に開催する。

20170818_ow_001.jpg

同イベントは、ソフトウェア開発のライフサイクルにセキュリティを組み込むことを目指す開発者向けにトレーニングを提供するもの。

ソフトウェア開発者やシステム運用者、アプリケーション品質管理者、学生などを対象としている。

東京工業大学をメイン会場とし、名古屋や関西、沖縄などにサテライト会場を用意する予定。参加費用は無料で、事前登録が必要。応募数が一定数を超えた段階で募集を打ち切る場合がある。

イベントの詳細および参加登録は、イベント案内ページから。

(Security NEXT - 2017/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
「EC-CUBE」に固定したセッション利用する脆弱性 - 修正がリリース
【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏