Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OWASP、開発段階のセキュリティ実装を支援するトレーニングイベント

The OWASP Foundationは、アプリケーションのセキュア開発トレーニングイベント「2017 OWASP World Tour Tokyo」を9月30日に開催する。

20170818_ow_001.jpg

同イベントは、ソフトウェア開発のライフサイクルにセキュリティを組み込むことを目指す開発者向けにトレーニングを提供するもの。

ソフトウェア開発者やシステム運用者、アプリケーション品質管理者、学生などを対象としている。

東京工業大学をメイン会場とし、名古屋や関西、沖縄などにサテライト会場を用意する予定。参加費用は無料で、事前登録が必要。応募数が一定数を超えた段階で募集を打ち切る場合がある。

イベントの詳細および参加登録は、イベント案内ページから。

(Security NEXT - 2017/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
2件のセキュリティ修正含む「Chrome 69.0.3497.92」がリリース
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
「Chrome 69」がリリース、セキュリティに関する40件の修正を実施
北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発