Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカのセキュリティを動画で啓発 - コロッケさんら出演

日本クレジット協会は、クレジットカードセキュリティに関する啓発動画「コロッ家の人々」を公開した。同協会サイトやYouTube、ラジオCMなどを通じてクレジットカードの安全対策をアピールしていく。

20170810_ca_001.jpg
カード会社に勤める生真面目な叔父役を演じるコロッケさん(動画より)

3本のショートムービーを公開したもので、それぞれ「ICチップ付きカードと暗証番号」「ネットショッピングとパスワード」「利用明細を確認しよう」がテーマ。動画は1年間公開する予定。

これら動画では、クレジットカードの安全対策について紹介。タレントのコロッケさんと女優の芋生悠さんを中心にストーリーが展開していく。

クレジットカード会社に入社した社会人1年生の芋生さんが、クレジットカードのセキュリティについて、コロッケさん扮するアンドロイドの父、のんびり屋の母、生真面目なおじさんを相手にセキュリティについて学んだり、教えたりする内容。小松政夫さんとの掛け合いもあり、往年のギャグ「あんたはエライ!」も飛び出す。

また動首都圏の「J-WAVE」および北海道「TH WAVE」、東海「ZIP-FM」、関西「FM802」、福岡「cross fm」の5大都市FM局で、8月11日から同月20日までラジオCMを放送。ICクレジットカード取引の推進と、利用明細の確認を呼びかける。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
クレカ取引の「セキュリティ実行計画2018」が策定 - 改正割販法の要件に
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会