Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカのセキュリティを動画で啓発 - コロッケさんら出演

日本クレジット協会は、クレジットカードセキュリティに関する啓発動画「コロッ家の人々」を公開した。同協会サイトやYouTube、ラジオCMなどを通じてクレジットカードの安全対策をアピールしていく。

20170810_ca_001.jpg
カード会社に勤める生真面目な叔父役を演じるコロッケさん(動画より)

3本のショートムービーを公開したもので、それぞれ「ICチップ付きカードと暗証番号」「ネットショッピングとパスワード」「利用明細を確認しよう」がテーマ。動画は1年間公開する予定。

これら動画では、クレジットカードの安全対策について紹介。タレントのコロッケさんと女優の芋生悠さんを中心にストーリーが展開していく。

クレジットカード会社に入社した社会人1年生の芋生さんが、クレジットカードのセキュリティについて、コロッケさん扮するアンドロイドの父、のんびり屋の母、生真面目なおじさんを相手にセキュリティについて学んだり、教えたりする内容。小松政夫さんとの掛け合いもあり、往年のギャグ「あんたはエライ!」も飛び出す。

また動首都圏の「J-WAVE」および北海道「TH WAVE」、東海「ZIP-FM」、関西「FM802」、福岡「cross fm」の5大都市FM局で、8月11日から同月20日までラジオCMを放送。ICクレジットカード取引の推進と、利用明細の確認を呼びかける。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に