Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー製「WCR-1166DS」にOSコマンドインジェクションの脆弱性

バッファローが提供する無線LAN対応ルータ「WCR-1166DS」にOSコマンドを実行されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。同社ではファームウェアをアップデートした。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品にOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2017-10811」が含まれていることが判明したもの。同製品の管理画面へログイン権限があるユーザーによって、任意のOSコマンドを実行される可能性がある。

同社では、脆弱性を修正したファームウェアを公開。「バージョン1.31」以降を利用するよう呼びかけている。

今回の脆弱性は三井物産セキュアディレクションの白石雅氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2017/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Experience Manager」に脆弱性、修正パッチがリリース
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」
バッファロー製無線ルータにRCEの脆弱性 - 修正ファームウェアを公開
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 8月8日にアップデート予定
Juniper製FWの「ScreenOS」に複数のXSS脆弱性
インターコムの「MaLion」に認証不備やSQLiなど複数の脆弱性