Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、個人情報含む書類の紛失や誤送付など3件の事故について詳細を公表した。

同機構によれば、個人情報に関する事故3件が5月に判明したもの。同月8日には、管理組合の役員10人分の氏名が記載された総会議事録の写しが所在不明になっていることが判明。

同月12日には、顧客5人の氏名と顧客番号含むリストが、送付先の債権回収会社に届いていないことが判明した。これら2件については、ほかの書類と一緒に誤って廃棄した可能性があるという。

また5月2日には、顧客1人の氏名が含まれる調査票を、本来の送付先とは異なる送付先へ誤って送付。誤送付した書類を回収した。いずれも、対象となる顧客や関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
個人情報含む病原体の検査成績通知書が所在不明に - 大阪府