Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、個人情報含む書類の紛失や誤送付など3件の事故について詳細を公表した。

同機構によれば、個人情報に関する事故3件が5月に判明したもの。同月8日には、管理組合の役員10人分の氏名が記載された総会議事録の写しが所在不明になっていることが判明。

同月12日には、顧客5人の氏名と顧客番号含むリストが、送付先の債権回収会社に届いていないことが判明した。これら2件については、ほかの書類と一緒に誤って廃棄した可能性があるという。

また5月2日には、顧客1人の氏名が含まれる調査票を、本来の送付先とは異なる送付先へ誤って送付。誤送付した書類を回収した。いずれも、対象となる顧客や関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

林間学校で個人情報を紛失、拾得者からの連絡で判明 - 大阪市
児童手当に関する書類の誤発送で個人情報流出 - つくば市
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県