Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、在庫切れとなっていたカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼(セキュ狼)」の再販売に向けてアンケートを実施している。

同ゲームは、セキュリティ教育を目的としたカードゲーム。参加者が企業を守る「CSIRTチーム」や、内部で不正を行う「汚職者」やそれに加担する「ブラックハットハッカー」にわかれ、所属する陣営を勝利へ導く内容。

対象年齢は10歳以上で3人から20人で楽しむことが可能。ゲームの詳しいルールなどは、同協会のウェブサイトで説明書のPDFが公開されている。

2017年1月にリリースしたが、その後売り切れとなり、販売を一時終了していた。同協会では、同ゲームの増刷に向け、需要を把握するために購入希望者へアンケートへの協力を求めている。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
「Nintendo Switch」に保護者向け管理アプリ - SNS投稿やプレイ時間など制限可能
カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版
AVG統合後はじめてとなる「Avastシリーズ」 - 他社製品との併用モードなど追加
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
イー・ガーディアン、VRコンテンツ向けにセキュリティ対策サービスなど計画