Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材

トレンドマイクロは、セキュリティインシデントの対応について訓練できるボードゲーム「インシデント対応ボードゲーム」の「医療版」と「大学版」を提供開始した。

同製品は、組織においてセキュリティインシデント対応の机上訓練が行えるボードゲーム形式の教材。2ラウンド構成で1ラウンドあたり約40分、4人から7人でプレイする。架空の組織を舞台に発生したセキュリティインシデントに対し、プレイヤーは各自の立場で議論しつつ、対応方針を決定していく。

一般企業とシステム環境やリスクが異なるため、同社は「医療版」を国立病院機構(NHO)と共同で開発。「大学版」は大学約40校で実施した個別演習や集合演習、文部科学省が主催した研修でボードゲーム演習を実施した際、主催者や参加校から得たフィードバックを踏まえて開発した。

いずれも同社ウェブサイトより無料でダウンロードできるが、ダウンロードにあたっては個人情報を提供する必要がある。

20200901_tm_001.jpg
医療版のシステム環境イメージとカードの例

(Security NEXT - 2020/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス