Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、定例外でセキュリティ修正パッチを公開 - 「Outlook」の脆弱性や不具合へ対処

マイクロソフトは、定例外でセキュリティ更新プログラムを急遽リリースし、「Office」における複数の脆弱性へ対応した。また従来判明していた一部不具合についても解消しているという。

20170728_ms_001.jpg
MSの「セキュリティTechCenter」

今回の更新は、7月の月例セキュリティ更新プログラムへ、定例外であらたな修正を追加したもの。

「Outlook」で細工されたメールを処理した際にコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-8663」へ対処した。

さらに「Outlook」において入力を適切に処理しないことに起因し、セキュリティ機能がバイパスされる「CVE-2017-8571」や、メモリの内容が漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2017-8572」を修正した。

同社は、これら脆弱性の深刻度について「重要」とレーティング。いずれも脆弱性の悪用は確認されていないという。

また今回のアップデートでは、6月の月例セキュリティ更新に判明した既知の問題4件についても対応した。リッチテキスト形式の添付ファイルや連絡先などを開く際にエラーが表示される問題などを解消している。

(Security NEXT - 2017/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「AWS」や「Azure」、「Foreshadow」に対応済み
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも