Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設

大日本印刷は、セキュリティ人材の養成を目指す「サイバーナレッジアカデミー」で、産業制御系システムに対する攻撃への対処法を学べる新コースを9月に開設する。

同社では、サイバーセキュリティ技術者を養成するサイバーナレッジアカデミーを2016年3月に開校。イスラエルIAIの訓練システム「TAME Range」を活用し、サイバー攻撃への対応を学習できる演習コースを提供している。

今回、産業制御系システムへの攻撃に対する対処法を学ぶカリキュラムをあらたに用意。仮想環境上に構築した模擬プラントで、脆弱性とサイバー攻撃をハンズオン形式で学べるという。料金は1人あたり60万円。

今後上級コースなども設置する予定で、同社はアカデミー関連事業を通じ、2020年度までに30億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進