Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設

大日本印刷は、セキュリティ人材の養成を目指す「サイバーナレッジアカデミー」で、産業制御系システムに対する攻撃への対処法を学べる新コースを9月に開設する。

同社では、サイバーセキュリティ技術者を養成するサイバーナレッジアカデミーを2016年3月に開校。イスラエルIAIの訓練システム「TAME Range」を活用し、サイバー攻撃への対応を学習できる演習コースを提供している。

今回、産業制御系システムへの攻撃に対する対処法を学ぶカリキュラムをあらたに用意。仮想環境上に構築した模擬プラントで、脆弱性とサイバー攻撃をハンズオン形式で学べるという。料金は1人あたり60万円。

今後上級コースなども設置する予定で、同社はアカデミー関連事業を通じ、2020年度までに30億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
横河電機の制御システムに脆弱性 - 一部は要マイグレーション
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
オムロンの制御システム向けソフト「CX-Supervisor」に7件の脆弱性
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ