Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設

大日本印刷は、セキュリティ人材の養成を目指す「サイバーナレッジアカデミー」で、産業制御系システムに対する攻撃への対処法を学べる新コースを9月に開設する。

同社では、サイバーセキュリティ技術者を養成するサイバーナレッジアカデミーを2016年3月に開校。イスラエルIAIの訓練システム「TAME Range」を活用し、サイバー攻撃への対応を学習できる演習コースを提供している。

今回、産業制御系システムへの攻撃に対する対処法を学ぶカリキュラムをあらたに用意。仮想環境上に構築した模擬プラントで、脆弱性とサイバー攻撃をハンズオン形式で学べるという。料金は1人あたり60万円。

今後上級コースなども設置する予定で、同社はアカデミー関連事業を通じ、2020年度までに30億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
オムロン製の制御システムソフト「CX-Supervisor」に5件の脆弱性
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増