Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」

ソフトバンク・テクノロジーは、子会社であるミラクル・リナックスとサイバートラストの合併を発表した。株主総会での承認を経て、10月1日付けで合併する予定。

今回の合併はミラクル・リナックスを存続会社とする吸収合併方式で、商号は「サイバートラスト」に変更する。

新会社では、ミラクル・リナックスの組み込みLinux関連技術とサイバートラストのセキュリティ技術を集約したセキュアIoTプラットフォームを成長戦略の軸とし、グローバルも視野に入れたIoTビジネスを展開したいとしている。

また認証サービス事業やセキュリティソリューション事業、Linux OSの開発、組み込みLinux関連事業、オープンソースソフトウェアを活用した法人向けソフトの開発、サポートおよびコンサルティング事業を手がける。

両社における既存事業のブランド名は維持する方針で、「MIRACLE LINUX」やサイバートラストのサーバ証明書「SureServer」をはじめ、合併後も継続して提供していく。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
東名阪で「Security Days 2020」がまもなく開催
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査