Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」

ソフトバンク・テクノロジーは、子会社であるミラクル・リナックスとサイバートラストの合併を発表した。株主総会での承認を経て、10月1日付けで合併する予定。

今回の合併はミラクル・リナックスを存続会社とする吸収合併方式で、商号は「サイバートラスト」に変更する。

新会社では、ミラクル・リナックスの組み込みLinux関連技術とサイバートラストのセキュリティ技術を集約したセキュアIoTプラットフォームを成長戦略の軸とし、グローバルも視野に入れたIoTビジネスを展開したいとしている。

また認証サービス事業やセキュリティソリューション事業、Linux OSの開発、組み込みLinux関連事業、オープンソースソフトウェアを活用した法人向けソフトの開発、サポートおよびコンサルティング事業を手がける。

両社における既存事業のブランド名は維持する方針で、「MIRACLE LINUX」やサイバートラストのサーバ証明書「SureServer」をはじめ、合併後も継続して提供していく。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施