Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定

外国為替取引サービスを提供するマネースクウェア・ジャパン(M2J)は、同社ウェブサイトが不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

20170718_ms_001.jpg
被害を公表したマネースクウェア・ジャパン

同社によれば、7月13日15時ごろに不正アクセスを受けていることを検知し、被害へ気が付いたという。

現時点で情報が外部へ流出した可能性があることが判明しているのは、外国為替証拠金取引サービス「M2JFX」の口座を開設した一部顧客に関する氏名、メールアドレス、ID。

さらにウェブサイト経由でセミナーに申し込みを行った顧客の氏名やメールアドレスについても被害に遭った可能性があるという。

一方、顧客が取引に用いるログインパスワードや、顧客が提出したマイナンバーについては流出を否定。被害の報告なども受けていないとしている。

同社では外部事業者へ調査を依頼し、被害の状況や原因など詳細を調べている。また情報が流出した顧客に対しては、個別に連絡を取る方針。

(Security NEXT - 2017/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に