Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「スマートフォンプライバシーイニシアティブIII」を策定

総務省は、パブリックコメントを経て「スマートフォンプライバシーイニシアティブIII」を決定した。

「スマートフォンプライバシーイニシアティブ(SPI)」は、スマートフォンのアプリにおける利用者情報の適切な取り扱いについて定めた指針。

スマートフォンアプリにおいて、端末内の情報を外部へ不正に送信するアプリや、利用者が理解しないままに情報を取得されてしまうケースがあることから2012年に策定した。運用面や技術面から第三者が検証するしくみについて民間主導で整備することを目指し、2013年に「SPI II」が公表されている。

今回、実証実験や運用の在り方などについて検討し、関係事業者などの役割分担の明確化や取り組みの具体化などを目的として、「SPI III」のパブリックコメント案を策定。6月7日から同月26日まで意見を募集していた。

意見募集に対し、3件の意見が寄せられた。同省ではこれらの意見を踏まえて一部を修正。同省の考え方を示すとともに「スマートフォンプライバシーイニシアティブIII」を決定、公表した。

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都