Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予防接種予診票が風にあおられ飛散、一部回収できず - 熊本市

熊本市は、職員が個人情報含む予防接種予診票を持ち帰る途中で風に飛ばされ、一部を紛失したことを明らかにした。

同市によれば、7月4日に市医師会事務局の職員が予防接種予診票を検査センターから徒歩で持ち帰った際、途中で突風にあおられて紙袋を地面に落とし、数十枚が飛ばされたもの。その後複数の職員で捜索を行ったが、予診票15枚が回収できなかったという。

紛失した予診票には、予防接種対象者の氏名や住所、電話番号、生年月日、保護者の氏名のほか、健康状態に関する質問と回答など14人分が記載されていた。

医師会では予防接種の実施医療機関に説明と謝罪を行った。また紛失の対象となる予防接種対象者に対し、電話で謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市
融資受けた顧客の書類が飛散、一部回収できず - 中央労金
顧客情報含む書類が運搬中に飛散、一部紛失か - 四国電力
個人情報記載の書類が突風で国道上に散乱、一部回収できず - 大阪市
個人情報記載の書類が強風により飛散、一部回収できず - 農水省
入院患者の処方箋が路上に散乱、回収漏れの可能性も - 八王子の精神科病院
廃棄カルテが運搬中の車両から飛散 - 浦河赤十字病院
個人情報含む廃棄書類が運搬中に落下し散乱 - 横浜市
航空機から荷下ろし中に郵便物が強風で飛散、一部紛失の可能性