Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市

京都府京丹後市は、個人情報を含む文書を職員がトラックで運搬した際、一部が路上へ飛散したことを明らかにした。

同市によれば、6月2日9時過ぎに大宮庁舎から廃棄処分する文書をゴミ処理施設へ運搬する際、平積みした公用トラックの荷台より文書が飛散したもの。同日10時半ごろに自宅前に落ちていたとして住民が文書3枚を庁舎に届けたことから問題が発覚した。

同市では、2日間にわたりのべ41人の職員を投入。約9キロメートルの走行ルートについて道路両側50〜100メートルを対象として4往復以上徒歩で捜索を実施。

2001年度の「町府民税・固定資産税・国民健康保険税集合徴収課税台帳」21枚を探索初日に回収。翌日も範囲を広げて探索したが、あらたな回収はなかった。いずれも同じ段ボール箱の上部に入っていたもので密閉が不十分だったという。

同市では、徹底して探索したとし、飛散した文書をすべて回収したものと結論づけた。今後は文書の廃棄にワゴン車を利用し、トラックを利用する場合は飛散防止対策を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2022/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町
新型コロナ患者情報含む資料、窓から飛散 - 鹿児島市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院