Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町

新潟県阿賀町は、運搬中の一部廃棄書類が道路に飛散したことを明らかにした。書類には個人情報が含まれており、職員が回収したという。

同町によれば、3月30日に町役場より焼却場へ廃棄書類を運搬する際、一部を一時紛失したもの。プラスチック製のコンテナへ書類を入れ、書類が入った手提げ袋をフタ代わりの重石として屋根のないトラックの荷台に積み、運搬していたところ、移動中に重しがずれて書類が飛散したという。

問題の書類は、台帳原簿の検索に利用する2009年度台帳番号検索簿や課税処理の際に印字されたエラーリストで、台帳番号検索簿には氏名や住所、台帳番号、エラーリストには氏名、生年月日などが記載されていた。

職員が運搬途中に飛散へ気が付き、一部を回収したが、30分後に住民から書類が道路に落ちているとの連絡があり、回収しきれなかった書類があることが判明。同日複数の職員で運搬ルートを探索し、およそ50枚を回収した。

同日以降、住民からの通報などはなく、同町では飛散した書類すべてを回収できたものと判断しているという。再発防止に関しては、廃棄文書の運搬にあたり、梱包、封入などを確認するほか、落下対策など徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2022/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ患者情報含む資料、窓から飛散 - 鹿児島市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市