Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポイントカード申込書が所在不明、2カ月分の郵送が未着 - キリン堂

ドラッグストアチェーンを展開するキリン堂は、顧客情報含むポイントカードの会員申込用紙が、ポイントカードの運営会社へ送付する過程で所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、兵庫県明石市の大久保店において、顧客から預かったポイントカードの会員申込用紙の所在がわからなくなっているもの。

1月16日から3月12日までの間に、同店舗で新規会員の申し込みを行った顧客の申込書147件で、氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、ポイントカード番号などが記載されていた。

同社では毎月、1カ月分の申込書をポイントカードの運営を委託する事業者宛てに送付しており、2月13日と3月13日にそれぞれ別の同社従業員が、追跡可能なレターパックプラスを用いてポストより投函、送付していたという。

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
入籍届3件を紛失、4月に判明 - 岩美町
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
認定こども園で個人情報含む書類が所在不明 - 安曇野市
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市