Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供

大阪商工会議所は、中小企業向けサイバー攻撃対策支援事業を7月5日より開始する。月額料金は500円。

同事業は、同会議所および関西商工会議所連合会加盟会議所の会員向けにサイバー攻撃対策サービスを提供するもの。ウェブサイトのパトロール、相談窓口、セキュリティ人材の育成サービスで構成されている。

パトロールには、神戸大学協力のもと開発したシステムを活用。中小企業のウェブサイトに対し、トップページを含む2階層まで毎日2回のパトロールを実施。改ざんやサービス停止が発生していた場合は企業の担当者へ連絡する。ただし、対応時間は営業日の9時から17時となり、時間外の場合は翌営業日に通知する。

また予約制の相談窓口では、神戸大学や協力会社から派遣された専門スタッフが対応。さらに人材育成としてサイバーセキュリティに関する啓発セミナーを実施していく。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
工業技術総合研究所でメールを誤送信 - 新潟県
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス