Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供

大阪商工会議所は、中小企業向けサイバー攻撃対策支援事業を7月5日より開始する。月額料金は500円。

同事業は、同会議所および関西商工会議所連合会加盟会議所の会員向けにサイバー攻撃対策サービスを提供するもの。ウェブサイトのパトロール、相談窓口、セキュリティ人材の育成サービスで構成されている。

パトロールには、神戸大学協力のもと開発したシステムを活用。中小企業のウェブサイトに対し、トップページを含む2階層まで毎日2回のパトロールを実施。改ざんやサービス停止が発生していた場合は企業の担当者へ連絡する。ただし、対応時間は営業日の9時から17時となり、時間外の場合は翌営業日に通知する。

また予約制の相談窓口では、神戸大学や協力会社から派遣された専門スタッフが対応。さらに人材育成としてサイバーセキュリティに関する啓発セミナーを実施していく。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン