Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中

日本郵便が6月より開始したネットオークション利用者向けの新サービス「e発送サービス」において障害が発生し、コンビニエンスストアから荷物の発送ができない状態となっている。

同サービスは、フリマアプリやネットオークションなど個人間の取引において、送り状の発行や配送料金の支払いなどを簡略化するもので、6月20日より提供している。

同社によると、ローソン店舗に設置されている端末「Loppi」による送り状の印刷ができない障害が、28日16時ごろ発生。同サービスによる荷物の発送ができない状態となっている。

障害の原因は調査中だが、日本郵便側の問題だという。Loppiとのシステム連携を休止して、復旧作業を進めているが、現時点で復旧のめどは立っていない。

郵便局に設置されている送り状発行用端末「ゆうプリタッチ」については同様の障害は発生しておらず、通常どおり発送できるという。

(Security NEXT - 2017/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市営住宅入居者の個人情報含む台帳を紛失 - 川崎市
ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出
システム障害で車検証が一時発行できず - 国交省
住民記録システムで一時障害、異動届出の入力できず - 神戸市
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%