Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中

日本郵便が6月より開始したネットオークション利用者向けの新サービス「e発送サービス」において障害が発生し、コンビニエンスストアから荷物の発送ができない状態となっている。

同サービスは、フリマアプリやネットオークションなど個人間の取引において、送り状の発行や配送料金の支払いなどを簡略化するもので、6月20日より提供している。

同社によると、ローソン店舗に設置されている端末「Loppi」による送り状の印刷ができない障害が、28日16時ごろ発生。同サービスによる荷物の発送ができない状態となっている。

障害の原因は調査中だが、日本郵便側の問題だという。Loppiとのシステム連携を休止して、復旧作業を進めているが、現時点で復旧のめどは立っていない。

郵便局に設置されている送り状発行用端末「ゆうプリタッチ」については同様の障害は発生しておらず、通常どおり発送できるという。

(Security NEXT - 2017/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務
障害者向け支援事業利用者の個人情報を紛失 - 国分寺市
停止中のゲームタイトルを順次再開 - マイネット
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も