Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

結婚披露宴予約者の情報が流出か、原因など調査中 - 東武ホテル

東武ホテルレバント東京において、業務委託先のスタッフが接客した顧客に関する情報が、外部に流出した可能性のあることがわかった。

同ホテルを運営する東武ホテルマネジメントによると、接客スタッフが作成した接客内容に関する資料が、外部に流出した可能性があるという。6月19日に問い合わせがあり、問題が発覚した。

流出した可能性がある資料には、2015年12月23日から2017年4月30日の間、婚礼の新規予約を担当するスタッフが接客した47組に関する接客内容が記載されていた。

新郎新婦両家の名字、接客担当者名、披露宴の希望時期や予測人数、仮予約日程のほか、顧客の特徴や接客内容、成約の有無などが含まれる。不正利用による被害などは確認されていない。

同資料は委託先が作成、管理しており、委託先から流出した可能性があるとしつつも、流出の原因や経路などの詳細に関しては調査中としている。同社では、個人情報保護委員会への報告。対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
委託先予約システムに不正アクセス、顧客情報12万件が流出 - プリンスホテル