Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント

オンラインゲーム「剣と魔法のログレスいにしえの女神」において、顧客のアカウントが売買される事件が発生し、開発会社の従業員が逮捕された。

同サービスをマーベラスと共同で開発したAimingの従業員が詐欺などの容疑で大阪府警に逮捕されたもの。

Aimingによれば、同サービスを利用する顧客のアカウントが、リアルマネートレード(RMT)サイトで売買され、利用できなくなる問題が発生。同社では、大阪府警の捜査に協力してきたという。

同社では被害者に向けて対応を進めるほか、引き続き捜査へ協力。再発防止に向けて内部管理体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2017/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「剣と魔法のログレス」利用者アカウントの不正売買、27件が被害
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
RMT狙いのマルウェア新種2種が上位にランクイン - フォーティネット調査
ドラクエXで取材を装い個人情報の聞き出す不正行為 - RMTの助長も
JOGA、オンラインゲーム業界向けガイドラインを改定 - 課金問題やRMT対策盛り込む
「GREE」、RMT対策を強化 - 有人チェック体制や違反者のアカウント停止など
「リネージュ2」への不正アクセスで逮捕者 - ツールにウイルス仕込みアカウント窃取
14件の脆弱性を解消したFirefox最新版 - Windows版やMac版特有の脆弱性にも対応
RMT事業者のウェブサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起