Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネットリスク調査、日本は183カ国中155位 - 一方で25万台超がtelnetに応答

インターネット上のリスク状況に関する調査において、日本は183カ国中155位と、比較的リスクが低い状況にあるとする調査結果を米Rapid7が取りまとめた。

20170621_rp_001.jpg
日本における状況(表:Rapid7)

同調査は、同社が3月12日から4月3日にかけて、30のTCPポートを対象にインターネット経由でスキャンを実施。183カ国および地域において応答があったIPアドレスのリスク状況を分析した。

暗号化で保護されていないサービス、インターネット上で提供するには適切さないサービス、リスクがあるサービスなど調査を行い、国ごとにランク付けを行った。もっともリスクが高かったのは「ジンバブエ」で、「香港」「サモア」「コンゴ共和国」「タジキスタン」と続く。

割り当てられたIPアドレスは2億327万6288と、米国、中国に次ぐ世界第3位の規模を誇るが、「日本」のランクは183カ国中155位と低リスクだった。

日本ではIPアドレスの大半はサーバ以外で使用されており、スキャンの対象となるポートが応答するアドレスは全体の1.6%と、攻撃対象領域が小さいのが特徴だという。日本では、IPv4領域を周到に管理していることや、IPv6の早期導入により従来の方法でスキャンするのがほぼ不可能になっていることがその要因と分析している。

その一方で、シェルの暗号化率は67.8%であり、25万台以上のサーバがtelnetのポートスキャンに応答。さらにSMBやSambaで使用される445番ポートに応答するサーバが10万台以上あった。

(Security NEXT - 2017/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
投資家が懸念するリスクのトップは「サイバー脅威」 - PwC調査