Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル

フィッシング対策協議会は、フィッシング対策キャンペーン「STOP. THINK. CONNECT.」の日本語版サイトをリニューアルした。

「STOP. THINK. CONNECT.」は、米国に本拠地を置くフィッシング対策ワーキンググループ 「Anti-Phishing Working Group(APWG)」と、セキュリティに関する啓発を行う米国の団体「National Cyber Security Alliance」が中心となって2010年10月にスタート。サイバーセキュリティの意識向上を目的に情報発信を行っている。

20170619_ap_003.jpg
「STOP. THINK. CONNECT.」日本語版

同協議会では、APWGと連携し、2014年より国内向けに日本語版サイトを開設。「STOP.THINK.CONNECT.(立ち止まり。何が起こるか考え。ネット接続を楽しむ)」を合言葉に啓発活動を展開している。

今回のリニューアルでは、国内の啓発活動に参加している企業の活動紹介ページをあらたに新設。参加企業からのメッセージやコンテンツなどを追加していく予定だという。

(Security NEXT - 2017/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大