Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル

フィッシング対策協議会は、フィッシング対策キャンペーン「STOP. THINK. CONNECT.」の日本語版サイトをリニューアルした。

「STOP. THINK. CONNECT.」は、米国に本拠地を置くフィッシング対策ワーキンググループ 「Anti-Phishing Working Group(APWG)」と、セキュリティに関する啓発を行う米国の団体「National Cyber Security Alliance」が中心となって2010年10月にスタート。サイバーセキュリティの意識向上を目的に情報発信を行っている。

20170619_ap_003.jpg
「STOP. THINK. CONNECT.」日本語版

同協議会では、APWGと連携し、2014年より国内向けに日本語版サイトを開設。「STOP.THINK.CONNECT.(立ち止まり。何が起こるか考え。ネット接続を楽しむ)」を合言葉に啓発活動を展開している。

今回のリニューアルでは、国内の啓発活動に参加している企業の活動紹介ページをあらたに新設。参加企業からのメッセージやコンテンツなどを追加していく予定だという。

(Security NEXT - 2017/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発