Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル

フィッシング対策協議会は、フィッシング対策キャンペーン「STOP. THINK. CONNECT.」の日本語版サイトをリニューアルした。

「STOP. THINK. CONNECT.」は、米国に本拠地を置くフィッシング対策ワーキンググループ 「Anti-Phishing Working Group(APWG)」と、セキュリティに関する啓発を行う米国の団体「National Cyber Security Alliance」が中心となって2010年10月にスタート。サイバーセキュリティの意識向上を目的に情報発信を行っている。

20170619_ap_003.jpg
「STOP. THINK. CONNECT.」日本語版

同協議会では、APWGと連携し、2014年より国内向けに日本語版サイトを開設。「STOP.THINK.CONNECT.(立ち止まり。何が起こるか考え。ネット接続を楽しむ)」を合言葉に啓発活動を展開している。

今回のリニューアルでは、国内の啓発活動に参加している企業の活動紹介ページをあらたに新設。参加企業からのメッセージやコンテンツなどを追加していく予定だという。

(Security NEXT - 2017/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に
利用者向けフィッシング対策ガイドラインが改訂 - メール中のリンクに注意を
カード会社装い「カードをロックする」と不安煽るフィッシング
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
偽Appleによるフィッシング攻撃が大量発生 - 半数以上でHTTPS接続
不正コピーの警告装い、Officeが利用できなくなるとだますメールに注意 - 偽サイトで情報詐取
5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る
2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に