Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、IoT機器の「高信頼化」に向けた開発手引書を書籍化 - 無償のPDF版も

情報処理推進機構(IPA)は、安全なIoT機器や関連システムの開発を支援する開発者向け手引書の書籍版を発行した。無償でダウンロードできるPDF版も用意している。

同手引書は、安全なIoT機器や関連システムの開発で求められる機能と、実装する際に考慮すべき事項を取りまとめたもの。

同機構では、IoT製品の開発者が開発時に考慮すべきリスクや対策を指針としてまとめた「つながる世界の開発指針」を2016年3月に公開。同指針の実践に向けた手引書を、「IoT高信頼化機能編」として5月に公開した。

同手引書では、技術面において対策が必要な部分を具体的に示し、IoT機器や関連システムの開発時における安全とセキュリティに関する要件や、それらを実現する機能を解説している。

今回、その内容を書籍として刊行したもので、価格は300円。書籍のPDF版もあわせて公開しており、アンケートへ回答することで同機構のサイトより無料でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
総務省、重要IoT機器の脆弱性調査を実施 - 脆弱な機器の所有者へ注意喚起も
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
CSA、IoTの「攻撃シナリオ」と「対策」まとめた資料を公開
海外製DVRの脆弱性を狙うアクセスを継続的に観測 - 警察庁
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も